[本文はここからです]

TC名称(ISO)

幹:JISC(日本)が幹事国業務を引き受けている。
 P:JISC(日本)がPメンバーとして積極参加をしている。
 O:JISC(日本)がOメンバーとしてオブザーバ参加をしている。
 N:不参加。

JISCの各国内審議団体(ISO及びIECの国際規格案等の審議引受け国内組織)の情報については「TC・SC別名称・参加地位・審議団体連絡先」から検索できます。

TC名称(ISO)一覧(2016年5月現在)
参加地位 TC
番号
TC名称
 P 1 ねじ
 P 2 締結用部品
P 4 転がり軸受
P
5 金属管及び管継手
P 6 紙、板紙及びパルプ
P 8 船舶及び海洋技術
P 10 製品技術文書情報
P 11 ボイラ及び圧力容器
P 12 量及び単位
O
14 機械の軸及び附属品
  幹 17
P (18) 亜鉛及び亜鉛合金
N
(19) 標準数
P 20 航空機及び宇宙機
P 21 消防器具
P 22 自動車
O
23 農業用トラクタ及び機械
P 24 粒子特性評価及びふるい
P
25 鋳鉄
P 26 銅及び銅合金
P 27 固体燃料
P 28 石油製品及び潤滑油
P 29 工具
P 30 管路における流量測定
P 31 タイヤ、リム及びタイヤバルブ
P 33 耐火物
P
34 農産食品
P 35 ペイント及びワニス
P 36 映画
P 37 専門用語、言語、内容の情報資源
  幹 38 繊維
P 39 工作機械
P 41 プーリ及びベルト(Vベルトを含む)
P 42 写真
P 43 音響
P 44 溶接
P 45 ゴム及び製品
P 46 情報とドキュメンテーション
47 化学
O
48 実験用装置
P 51 ユニットロード用パレット
O
52 小形金属缶
O
54 精油
P 58 ガス容器
P 59 構築物
P 60 歯車
P 61 プラスチック
O
63 ガラス容器
P 67

石油・石油化学及び天然ガス工業用材料及び装置

P 68 金融サービス
P 69 統計的方法の適用
P 70 往復動内燃機関
P 71 コンクリート、鉄筋コンクリート及びプレストレストコンクリート
P 72 繊維機械及び附属品
P 74 セメント及び石灰
P
76 医療用輸血装置
P 77 繊維強化セメント製品
P 79 軽金属及び同合金
P 81 農薬の名称
O
82 鉱山
O
83 スポーツ用品及びレジャー用品
P
84 医療用注射器及び注射針
P 85 原子力
P 86 冷凍技術及び空気調和技術
O
87 コルク
P 89 木質系パネル
P 91 界面活性剤
P 92 火災安全
O
93 でん粉(同製品及び副産物を含む)
P
94 個人安全―保護衣及び保護具
P 96 クレーン及び関連装置
P 98 構造物の設計の基本
P 100 伝動用及びコンベア用チェーン並びにスプロケット
O
101 連続搬送装置(コンベアホイスト)
102 鉄鉱石及び還元鉄
P 104 貨物コンテナ
P 105 ワイヤロープ
P 106 歯科
P 107 金属及び無機質皮膜
P 108 機械の振動、衝撃及び状態監視
P
109 オイル及びガスバーナ
P 110 産業車両
111 丸鋼製リンクチェーン、チェーンスリング、構成要素部品及び付属品
P 112 真空技術
P
113 開水路における流量測定
P 114 時計
P 115 ポンプ
O
117 工業用送風機
O
118 圧縮機、空気圧工具、空気圧機械、空気圧装置
P
119 粉末冶金材料及び製品
O
120 皮革
P 121 麻酔装置及び人工呼吸器関連装置
122 包装
123 平軸受
P
126 たばこ及びたばこ製品
P 127 土工機械
O
(129) アルミニウム鉱石及び鉱物
P 130 印刷技術
P 131 油圧・空気圧システム
P 132 フェロアロイ
P 133 衣料品のサイズ設定システム-サイズ指定、サイズ測定法、デジタルフィッティング
O
134 肥料及び土壌改良資材
135 非破壊試験
P 136 家具
O
137 履物のサイズ指定及び表示システム
138 流体輸送用プラスチック管、継手及びバルブ類
P 142 空気及びその他のガスの清浄装置
P 145 図記号
P 146 大気の質
P 147 水質
P 148 ミシン
P 149 自転車
P 150 外科用体内埋没材
P 153 バルブ
P 154 行政・商業・工業用書式及び記載項目
P 155 ニッケル及びニッケル合金
P 156 金属及び合金の腐食
P 157 避妊具
O
158 ガス分析
P 159 人間工学
P 160 建築用ガラス
P 161 ガス・石油バーナー及び燃焼機器のための制御及び防護機器
162 ドア及び窓
P 163 建築環境における熱的性能とエネルギー使用
164 金属の機械試験
P 165 木質構造
P 166 食卓用陶磁器・ガラス器
P 167 鋼構造及びアルミニウム構造
P 168 義肢及び装具
N
170 外科用器具
P 171 文書画像アプリケーション
P 172 光学及びフォトニクス
P 173 福祉用具
P 174 ジュエリー
P 176 品質管理及び品質保証
P 178 リフト、エスカレータ、動く歩道
O
(179) 組石造
O
180 太陽エネルギー
P 181 おもちゃの安全性
P 182 地盤工学
P 183 銅、鉛、亜鉛及びニッケルの鉱石並びに精鉱
P 184 産業オートメーションシステム及びインテグレーション
P 185 超過圧力に対する保護用安全機器
N
186 刃物類及び金属製卓上用・装飾用容器
P 188 スモールクラフト
P 189 陶磁器質タイル
P 190 地盤環境
N
(191) 人道的わな
P 192 ガスタービン
O
193 天然ガス
P 194 医用・歯科用材料及び機器の生物学的評価
P 195 建設用機械と装置
P 197 水素技術
P 198 ヘルスケア製品の滅菌
P 199 機械類の安全性
201 表面化学分析
P 202 マイクロビーム分析
P 203 技術エネルギーシステム
P 204 高度道路交通システム(ITS)
P 205 建築環境設計
206 ファインセラミックス
P 207 環境管理
P (208) 産業用熱タービン
P 209 クリーンルーム及び関連制御環境
P 210 医療用具の品質管理と関連する一般事項
P 211 地理情報
P 212 臨床検査及び体外診断検査システム
P 213 製品の寸法・形状の仕様及び評価
P 214 昇降式作業台
P 215 保健医療情報
O
216 履物
P
217 化粧品
P 218 木材
P 219 床敷物
P
220 極低温容器
P 221 ジオシンセティックス
P (222) パーソナルファイナンシャルプランニング
P 223 社会セキュリティ
P 224 飲料水及び下水サービスに関する活動-サービス品質基準及び 業務指標
P
225 市場調査
N
226 一次アルミニウム製造用材料
227 ばね
O 228 観光及び関連サービス
P 229 ナノテクノロジー
P 232 人材育成と非公式教育サービス
P  234 漁業・水産・養殖
O  238 固体バイオ燃料
P 240 PC:製品のリコール
P 241 道路交通安全マネジメント
P 242 エネルギーマネジメント
P  243 PC:消費生活用製品安全
244 工業炉及びそれに関連する熱プロセス設備
P 245 PC:中古品の越境貿易
P 247 不正防止対策及び管理
P 249 伝統的中国医療
P 251 PC:アセットマネジメント
O 252 PC:自動車用天然ガス供給スタンド
P 253 PC:灌漑用途排水再生水の処理
O 254 遊園地の乗物及び装置の安全性
O 255 バイオガス
O 256 顔料、染料及び体質顔料
P 257 プロジェクト、組織及び地域における省エネルギーの決定のための一般的ルール
P 258 プロジェクト、プログラム、ポートフォリオマネジメント
O 260 ヒューマンリソースマネジメント
P 261 積層造形
P 262 リスクマネジメント
P 263 炭層メタン
P 264 花火
P 265 二酸化炭素回収・輸送・貯留
P 266 バイオミメティック
P 267 ファシリティマネジメント
P 268 コミュニティーにおける持続可能な開発
P 269 鉄道分野
P 270 プラスチック加工機械及びゴム加工機械
P 272 PC:法医学
N 273 PC:消費者コンタクトセンター
P 274 光と照明
P 275 汚泥の回収、再生利用、処理及び廃棄
P 276 バイオテクノロジー
O 277 PC:持続可能な調達
O 278 贈賄防止マネジメントシステム
P 279 イノベーションプロセス:相互作用、手段及び方法
O 280 PC:マネジメントコンサルタンシー
281 ファインバブル技術
282 水の再利用
O 283 PC:労働衛生安全マネジメントシステム
O 285 クリーンな調理用こんろとクリーンな調理の解決策
O 286 PC:協力的なビジネス関係マネジメント-枠組み
O 287 PC:林産製品の流通加工品課程-要求事項(暫定設置)
O 288 PC:教育機関のマネジメントシステム-使用ガイダンスを伴う要求事項
O 289 ブランド評価
O 290 オンライン風評
P 291 家庭用ガス調理用器具
P 292 セキュリティ
O 293 飼料機械
P 294 単位当たり価格のガイダンス
P 295 監査データ収集
O 296 竹と籐
P 297 廃棄物の収集・輸送及び道路管理並びに関連装置
P 298 レアアース
P 299 ロボット及びロボティックデバイス
P 300 廃棄物固形燃料
P 301 エネルギーマネジメント及び省エネルギー
P 302 PC:監査マネジメントシステムの指針
O 303 PC:消費者保証の指針
P 304 ヘルスケアアドミニストレーション
N 305 PC:Sustainable non-sewered sanitation systems
P JTC1 情報技術
N JPC2 エネルギー効率及び再生可能エネルギー源-共通用語
備考(1)
次の専門委員会(TC)は、業務終了等の理由で解散している。 3,7,9,13,15,16,32,40,49,50,53,55,56,57,62,64,65,66,73,75,78,80,88,90,95,97,99,103,116,124,125,128,139,140,141,143,144,151,152,169,187,196,200,230,231,233,237,239,246,248,250
備考(2)
TC番号につけた( )は休止中(stand-by)を意味し、現時点では検討中の業務項目(work item)がなく、既存のISO規格の定期見直しのみが責務とされる。
備考(3)
PCはProject Committeeの略称。既存のTCの業務範囲外の規格1つを作成するためにPCは設置される。(1つの参照番号で複数のパートに分かれた規格も含む。)PCは規格が発行された時点で解散しなければならない。
備考(4)
JTCはJoint Technical Committeeの略称。ISOとIECの合同専門委員会。JPCはJoint Project Committeeの略称で、ISOとIECの合同プロジェクト委員会。
備考(5)
名称等は仮訳です。英語名を含め各委員会の詳細情報は、ISOホームページList of ISO technical committeesでご確認ください。

[本文はここまでです。]

▲このページの先頭へ