ホームへ戻る前のページへ戻る

JISの制定等のプロセス

社会的ニーズ等によって、国や産業界等で標準化すべき課題が選定されると、JIS原案を検討する委員会(その課題に関する利害関係人によって編成されたもの)でJIS原案がまとめられます。それらのJIS原案は、工業標準化法に基づいて設置されたJISCで審議され、担当大臣によって制定又は改正されます。

 

JISの制定等のプロセス

 

なお、特定標準化機関(CSB)が工業標準化法第12条による申出を行う際、その原案作成プロセス等がすべて利害関係者の意見を十分に反映し、公平かつ公開性を確保するなど一定条件に適合していることが確認された場合には、原則として部会限りでの調査審議を行い、JIS 案を主務大臣に答申します。 

特定標準化機関(CSB)の説明へ

▲このページの先頭へ
ホームへ戻る前のページへ戻る