ホームへ戻る前のページへ戻る

工業標準策定システムの更改について

平成29年3月
経済産業省産業技術環境局
工業標準調査室


 当省においては、工業標準の審議・事務手続きの効率化、迅速化を図ることを目的とし、平成13年度より、工業標準化法施行規則第2条及び第2条の2に基づく電子方式による申出を導入してきたところです。

 当該申出に係る業務を統括的に処理する「工業標準策定システム(e-JISC)」は、当初開発より既に15年を経過し老朽化が著しいこと等から、e-JISCのプラットフォームの契約終了に併せ、システム更改を行い、新e-JISCを開発することとしました。

 新システムの運用開始までのスケジュールは次を予定しています。なお、システム更改の進捗状況によっては、スケジュール変更、並行稼動期間中の利用可能範囲の制限等の可能性があることをご承知おきください。

(平成29年3月13日現在:新e-JISCが稼動しました。今後は新e-JISCで電子申請ください。新e-JISCの利用は新e-JISCによる電子申請の方法(PDFファイル 238KB)を参照

平成29年3月10日~3月12日 e-JISCから新e-JISCへデータ移行(e-JISCの利用一時停止)※1
平成29年3月13日~3月23日 e-JISCと新e-JISCを並行稼動 ※2
平成29年3月24日~3月26日 新e-JISCに集約するための作業(e-JISCの利用終了、新e-JISCの利用一時停止) ※1
平成29年3月27日~ 新e-JISCの本格稼動 ※3
 ※1 この期間は、システムに係る全ての機能が利用できません(JIS原案等の電子申請、意見受付公告、データベース検索、JISC会議配布資料など)。
 ※2 これ以降、JIS原案等の電子申請は新e-JISCで実施してください。
 ※3 これ以降、システムに係る全ての機能は新e-JISCで利用することになります。

 

 新e-JISCは、e-JISCをほぼ踏襲したものとなりますが、一部機能の改廃に伴い、JIS原案等の電子申請に部分的な変更があります。詳細については、新e-JISCによる電子申請の方法(PDFファイル 238KB)をご覧ください。

 電子申請に必要な書類(申出書、審議経過報告書など)のフォーマットも変更します。工業標準原案(JIS原案)の申出についてに新しいフォーマットを掲載しましたので、ダウンロードしてご利用ください。
 なお、現在、上記ページにおいて、現行のe-JISC向けのフォーマットの提供は行っておりません。新e-JISCの運用開始までの間、現行フォーマットが必要な場合は、下記問合せ先窓口へご連絡ください。 

 また、新e-JISCにおいては、JIS原案word文書のファイル形式をword2007形式に統一します(拡張子.docから.docxに変更)。これに伴い、word2007形式に対応したJIS原案作成テンプレートの改修を実施し、平成28年11月25日に新JDTをリリースしました。新JDTの詳細は、JIS原案作成テンプレートについてをご覧ください。

問合せ先窓口


 経済産業省産業技術環境局工業標準調査室
 
住所:〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
 電話:03-3501-9222(直通)/Fax:03-3580-1418

 

▲このページの先頭へ
ホームへ戻る前のページへ戻る