ホームへ戻る前のページへ戻る

家庭用電気冷蔵庫の消費電力量の試験方法に関するJISの        改正について

平成18年1月31日

産業技術環境局

情報電気標準化推進室

本件の概要

本日開催した日本工業標準調査会標準部会電気技術専門委員会で、日本工業規格(JIS C9801)「家庭用電気冷蔵庫及び電気冷凍庫の特性及び試験方法」の改正が決定されました。

この試験方法については、従来から、国際規格(ISO規格)に整合したJISがあり、製造メーカによる消費電力量表示等に広く利用されてきました。しかし、従来の規格が、我が国において近年広く普及している高機能型家庭用電気冷蔵庫(注1)を想定したものになっていないため、この規格による試験では、消費電力量の測定値が、実際の利用の際の消費電力量と大きな差が出るようになってきたことなどを踏まえ、現状の家庭用電気冷蔵庫の形態・仕様・機能等に合わせた消費電力量試験方法になるよう、今回規格を改正することとしました。

今回改正することにより、製造メーカが消費者等に提示している消費電力量の値がより実際の利用実態に合ったものになるなど、消費者等に、より正確な製品情報が提供できるようになることが期待されます。

(注1)高機能型家庭用電気冷蔵庫 : 野菜室が氷温室や冷凍室の間にある形態や、観音開きドア等の仕様や、温度補償用ヒータ、製氷用給水経路凍結防止用ヒータ等の機能を有する冷蔵庫。

 

詳細

1.日本工業標準調査会標準部会電気技術専門委員会は、社団法人日本電機工業会から申し出があったJIS C9801「家庭用電気冷蔵庫及び電気冷凍庫の特性及び試験方法」の改正案について審議を行い、本日、改正すべきとの決定を致しました。

 

2.今後、WTO/TBT協定(注2)に基づく国内外からの意見聴取プロセス、製造メーカによる新しいJISに基づく消費電力量の測定・表示への対応等に必要な期間を考慮し、経済産業大臣は、本年5月1日に本規格を改正し、同日付で公示する予定です。

(注2)WTO/TBT協定 : 貿易の技術的障害に関する協定

 

3.今回の主な改正点

(1)消費電力測定の際の冷蔵庫の周囲の温度の変更

全国8都道府県(北海道、宮城、東京、大阪、沖縄等の一戸建て及びマンション合計23ヵ所)の一般家庭の台所を調査し、その結果の年間平均室温等ををもとに、従来の1点(25℃±1℃)だけでの測定から、2点(30℃±1℃(夏)及び15℃±1℃(冬))に変更しました。15℃及び30℃の2点で測定した場合、従来の1点での温度設定(25℃)では作動しない機能(野菜室の凍結防止等に使われる温度補償用ヒータ等)が作動しますので、より使用実態に近い消費電力量値となります。

 

(2)その他の消費電力量測定中の条件の変更

より使用実態に近い状態で消費電力を測定するため、冷蔵室及び冷凍室それぞれの容積に応じて水の入ったペットボトルなどを入れたり、自動製氷機能、脱臭機能等の付加機能を作動させることとしました。

 

(3)消費電力測定の際の冷蔵庫の設置条件(壁との距離)の変更

全国約1300戸の一般家庭の冷蔵庫設置環境を調査し、その結果をもとに、測定する際の壁と冷蔵庫との距離を従来の規格上の数値30cmからより実態に近い5cmに変更しました。これにより、壁からの反射される熱の影響を考慮したより使用実態に近い消費電力量値となります。

 

(4)消費電力測定中の冷蔵室の庫内温度設定の変更

使用実態に合わせて従来の5℃から4℃に変更しました。

 

(5)消費電力測定中の冷蔵室のドア開閉数の変更

モニター調査結果に基づき、従来の25回から35回に変更しました。

 

▲このページの先頭へ
ホームへ戻る前のページへ戻る