ホームへ戻る前のページへ戻る

スラグ類に化学物質評価方法を導入する指針について
-総合報告書を策定-

平成24年3月21日
経済産業省 産業技術環境局
産業基盤標準化推進室

概要

 環境安全品質の管理は、あらゆる循環資材に必要な共通の課題であるとの認識から、「コンクリート用骨材又は道路用等のスラグ類に化学物質評価方法を導入する指針に関する検討会(委員長;大迫政浩・(独)国立環境研究所)」は、スラグ類に留まらず、スラグ類を含めたあらゆる循環資材に共通化できる環境安全品質とその検査方法を導入するための基本的な考え方を総合報告書として取りまとめました。この報告書は、平成24年3月13日に開催された「日本工業標準調査会・土木技術専門員会(委員長;河野広隆・京都大学)」に報告されました。
 なお、コンクリート用及び道路用のスラグ類のJISへ環境安全品質及びその検査方法を導入するための指針【付録A2及びA4】は、先の「土木技術専門委員会」及び「建築技術専門委員会(菅原進一・東京理科大学)」の審議を経て、平成23年7月12日付けで策定されたものです。今般、利便性を高めるために、それらの解説も新たに作成しました【付録A3及びA5】。
 また、これらの指針は、「建設分野の規格への環境側面の導入に関する指針」(平成15年3月28日議決)【付録A1】の附属書に位置づけられています。
 循環型社会と低環境リスク社会が両立した社会システムづくりに資することが期待されます。

詳細