意見受付公告(JIS)

PS-020-0010

この欄は,国内外の関係者に対して,JISを制定・改正する前に,WTO/TBT協定第4条1項に基づいた意見提出の機会を設けるため及びJISのパテントポリシーに基づき関連する特許等に関する情報収集を行うために公告するものです。(60日間)
なお、規格名称の先頭に※印を記すJISは、同協定のただし書きに基づき意見の提出期間を短縮して公告するものです。
 掲載されているJIS原案の内容のお問合せは,各担当課室あてご連絡ください。

現在SSLv3の脆弱性(Poodle)に関する注意喚起が公表されているため、
InternetExplorerをこちらの設定で利用頂くことを推奨しております。(2014/10/28)

意見受付公告(JIS)
規格番号
規格名称
制定・改正の別
課室
意見締切日
JISB1707 かさ歯車の歯面に関する形状偏差の定義及び許容値 制定 国際標準課 2018/09/17
JISG3558 ねじり角鉄線 制定 国際標準課 2018/09/17
JISG3559 ねじり角鉄線を用いた溶接金網 制定 国際標準課 2018/09/17
JISH4632 チタン及びチタン合金-熱交換器用継目無管 制定 国際標準課 2018/09/17
JISK6799-1 ガラス繊維強化ポリエチレン管システム-第1部:通則 制定 国際標準課 2018/09/17
JISK6799-2 ガラス繊維強化ポリエチレン管システム-第2部:管 制定 国際標準課 2018/09/17
JISK6799-3 ガラス繊維強化ポリエチレン管システム-第3部:継手 制定 国際標準課 2018/09/17
JISA5308 レディーミクストコンクリート 改正 国際標準課 2018/09/17
JISB1803 伝動用及び搬送用ダブルピッチローラチェーン 改正 国際標準課 2018/09/17
JISB1810 伝動用ローラチェーンの選定指針 改正 国際標準課 2018/09/17
JISB3900-1 産業オートメーションシステム及びその統合-製造用ソフトウェア相互運用のためのケイパビリティプロファイリング-第1部:枠組み 改正 国際標準課 2018/09/17
JISB8619 冷媒用温度自動膨張弁-性能試験方法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISC6802 レーザ製品の安全基準 改正 国際電気標準課 2018/09/17
JISG1211-3 鉄及び鋼-炭素定量方法-第3部:燃焼-赤外線吸収法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISG1215-4 鉄及び鋼-硫黄定量方法-第4部:高周波誘導加熱燃焼-赤外線吸収法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISG3103 ボイラ及び圧力容器用炭素鋼及びモリブデン鋼鋼板 改正 国際標準課 2018/09/17
JISG3454 圧力配管用炭素鋼鋼管 改正 国際標準課 2018/09/17
JISG4805 高炭素クロム軸受鋼鋼材 改正 国際標準課 2018/09/17
JISH3300 銅及び銅合金の継目無管 改正 国際標準課 2018/09/17
JISH4202 マグネシウム合金継目無管 改正 国際標準課 2018/09/17
JISH4203 マグネシウム合金棒及び線 改正 国際標準課 2018/09/17
JISH4204 マグネシウム合金押出形材 改正 国際標準課 2018/09/17
JISH4631 チタン及びチタン合金-熱交換器用溶接管 改正 国際標準課 2018/09/17
JISK0102 工場排水試験方法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISK1560 1,1,1,2-テトラフルオロエタン(HFC-134a) 改正 国際標準課 2018/09/17
JISM8852 セラミックス用高シリカ質原料の化学分析方法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISM8853 セラミックス用アルミノけい酸塩質原料の化学分析方法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISM8856 セラミックス用高アルミナ質原料の化学分析方法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISQ1011 適合性評価-日本工業規格への適合性の認証-分野別認証指針(レディーミクストコンクリート) 改正 国際標準課 2018/09/17
JISQ1012 適合性評価-日本工業規格への適合性の認証-分野別認証指針(プレキャストコンクリート製品) 改正 国際標準課 2018/09/17
JISR3106 板ガラスの透過率・反射率・放射率の試験方法及び建築用板ガラスの日射熱取得率の算定方法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISR3107 建築用板ガラスの熱貫流率の算定方法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISZ2271 金属材料のクリープ及びクリープ破断試験方法 改正 国際標準課 2018/09/17
JISZ8126-3 真空技術-用語-第3部:真空計及び関連用語 改正 国際標準課 2018/09/17
JISB7271 リアルタイム バクテリアチェッカ 制定 国際標準課 2018/08/18
JISB8009-13 往復動内燃機関駆動式交流発電装置-第13部:安全性 制定 国際標準課 2018/08/18
JISB8228 安全装置の選定及び取付け 制定 国際標準課 2018/08/18
JISB9971 機械安全に関する要員の力量 制定 国際標準課 2018/08/18
JISK0155 表面化学分析-二次イオン質量分析法-単一イオン計数飛行時間形質量分析器における強度軸の線形性 制定 国際標準課 2018/08/18
JISK6378-6 ライトコンベヤベルト-幅及び長さの許容差 制定 国際標準課 2018/08/18
JISM8221-1 鉄鉱石-カルシウム定量方法-第1部:共存元素分離しゅう酸カルシウム沈殿分離過マンガン酸カリウム滴定法 制定 国際標準課 2018/08/18
JISM8221-2 鉄鉱石-カルシウム定量方法-第2部:共存元素分離エチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム滴定法 制定 国際標準課 2018/08/18
JISM8221-3 鉄鉱石-カルシウム定量方法-第3部:原子吸光分析法 制定 国際標準課 2018/08/18
JISM8222-1 鉄鉱石-マグネシウム定量方法-第1部:共存元素分離エチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム滴定法 制定 国際標準課 2018/08/18
JISM8222-2 鉄鉱石-マグネシウム定量方法-第2部:原子吸光分析法 制定 国際標準課 2018/08/18
JISZ3083 アルミニウム合金及びマグネシウム合金の摩擦かくはん接合部のルートフローの超音波探傷試験方法 制定 国際標準課 2018/08/18
JISA5404 木質系セメント板 改正 国際標準課 2018/08/18
JISA8311 土工機械-運転員の視野-測定方法及び性能基準 改正 国際標準課 2018/08/18
JISB1022 締結用部品の公差-ボルト,小ねじ及びナット用の座金-部品等級A,C及びF 改正 国際標準課 2018/08/18
JISB1860 摩擦ベルト伝動-Vベルト,Vリブドベルト,Vプーリ及びVリブドプーリ-用語 改正 国際標準課 2018/08/18

1. JISと対応する国際規格との対応の程度は,ISO/IEC Guide 21-1:2005(国際規格の地域又は国家規格への採用)に基づいて次のように表記する。

IDT:「一致」

a) 地域又は国家規格が技術的内容,構成*1)及び文言*2) において一致している,又は b) 地域又は国家規格が,技術的内容及び構成において一致しているが,最小限の編集上の変更 (ミスプリントの訂正など)*3)があってもよい。

MOD:「修正」

技術的差異は,明確に識別されかつ説明されているなら, 許容される。地域又は国家規格は, 国際規格の構成を反映す ることとし,その構成の変更は,両規格の技術的内容と構成の比較 が容易に行えることが可能な場合のみ許容される。

NEQ:「同等でない」

地域又は国家規格は,技術的内容及び構成において国際規格と同等でない,そして,それらの どの変更も明確には識別さ れていない。地域又は国家規格と国際規格との間に明確な対 応が 見られない。

  • 注*1)構成:本文3.10節〈規格の〉箇条,細(細々)分した箇条,段落, 表,図,附属書の順番
  • 注*2)文言の変更:本文3.9節国際規格を一つの公用言語で採用するに当たり,国際規格を採用する地域又は国家 で用いられている共通言 語を反映するため,一つの単語又は句を地域又は国家規格の同義語に置き換えること。 例:ある国々では"elevators"の代わりに"lifts"を使用。
  • 注*3)編集上の変更:本文3.7節〈国際規格から地域又は国家規格への編集上の変更〉規格の技術的内容を変更しない 許容された変更。

備考:許容される編集上の変更のリストを4.2に示す。

本文4.2節

  • 小数点を表すカンマを小数点に変更すること
  • ミスプリントの訂正(例えば,誤字・脱字),又はページ番号を変更すること
  • 多言語版国際規格から,1か国版又は複数言語版を削除すること
  • 国際規格に対して発行された技術に関する正誤票又は修正票を含めること
  • 既存の地域又は国家規格の系列に一致した名称に変更すること
  • "この国際規格"を"この地域又は国家規格"に置き換えること
  • 地域又は国家の参考資料(例えば,国際規格の規定を変更したり,追加したり, 削除したりしない参考附属書)を追加すること。
    参考資料の例としては,使用者への助言,教育用指針又は推奨書式・報告書
  • 国際規格から,参考としての予備的資料を削除すること
  • 3.9節に定義した文言を変更すること
  • 異なった測定システムが使用されている国の場合,再計算した数量単位を参考に追加すること

2. JISのパテントポリシー(特許権等を含むJISの制定等に関する手続について)は,次の文書をご覧ください。

ダウンロード文書

特許権等を含むJIS制定等に関する手続について(PDFファイル 99KB)


お問い合わせ先  経済産業省産業技術環境局
国際標準課   電話:03-3501-9277、または9283
国際電気標準課 電話:03-3501-9287

▲このページの先頭へ
前のページへ戻る