[本文はここからです]

JISマークとは

JISマークは、工業標準化法第19条、第20条等に基づき、国に登録された機関(登録認証機関)から認証を受けた事業者(認証製造業者等)のみが、認証を受けた製品又はその包装等にを表示することができるマークです。

JISマークは、表取引の単純化のほか、製品の互換性、安全・安心の確保及び公共調達等に大きく寄与しております。

 

JISマーク表示からわかること

JISマーク製品(包装も含む。)には、JISマークとともに、適合するJIS規格番号、種類・等級、登録認証機関の名称、認証事業者の名称又は略号などが表示されています。

表示事項の見方の詳細

 

JISマーク表示制度の概要

1.民間の第三者機関による認証

国により登録された民間の第三者機関(登録認証機関)から認証を受けることによって、JISマークを表示することができる制度です。なお、どの登録認証機関から認証を取得するのかは、自由です。

認証に際しては、登録認証機関が、製品のサンプリングによる製品試験と品質管理体制を審査します。製品試験は、工業標準化法に基づく試験所登録制度(JNLA)の試験結果を活用することもできます。

2.対象となるJIS

認証可能なJIS製品規格がある製品が対象となります。

3.JISマーク表示対象事業者

JISマーク表示対象となる事業者は、国内外製造(又は加工)業者、販売業者、輸出入業者です。また、ある特定のロットに限る(特定の1,000個、1,000枚等)認証を取得することもできます。さらに、工場(又は事業場)ごとに認証を受けなければならないという制約はありません。

認証を取得している事業者の検索ページにジャンプします。

4.国際的に整合した登録要件

国際的に整合した認証制度とするため、国際的な認証機関に対する要求事項(ISO/IEC17065)」を登録要件とし、審査においては、品質管理体制に加え、登録認証機関の責任において製品試験が実施されます。

5.JISマークのデザイン

JISマークのデザインのページにジャンプします。

6.国による制度の信頼性の確保措置

登録認証機関に対しては、定期的な更新手続きに加え、立入検査等の維持管理を行い、必要に応じて、適合命令等の措置を行うこととしています。
認証取得者に対しては、登録認証機関による認証維持審査等が行われることに加え、国は、必要に応じて立入検査等を行い、製品の品質等に問題があると認めた時は、表示の除去命令等の措置を行うこととしています。ただし、認証の取消しは、登録認証機関が行います。
また、消費者やユーザーへの積極的な情報提供、苦情の収集・適切な処理、さらには自己適合宣言品を含む市場からの抜き取り検査(試買検査)によって、制度の信頼性の維持・向上に万全を期します。

 

工業標準化法に基づく試験所登録制度(JNLA)

取引者間で流通する試験結果の信頼性確保に資するため、平成9年から、本制度を設けています。JISマーク表示制度と同様、試験所に対して、国際的に整合した登録要件(ISO/IEC17025)を課しており、試験所の管理体制、要員、試験施設・機器などが適切であるかどうかを審査し、申請範囲の試験を実施する能力を持っていると認められた事業者に対して登録証が発行されます。本制度は、独立行政法人 製品評価技術基盤機構 認定センターが実施しています。

JNLAに関する問い合わせ先
独立行政法人 製品評価技術基盤機構 認定センター
TEL:03-3481-1939/FAX:03-3481-1937
http://www.nite.go.jp/iajapan/index.html(外部サイトへリンク)
〒151-0066 渋谷区西原2-49-10

本文はここまでです。]

▲このページの先頭へ