ホームへ戻る前のページへ戻る

標準仕様書(TS)/標準報告書(TR)原案の提案について

標準仕様書(TS:Technical Specification)とは

市場適合性が確認できない、又は技術的に開発途上にあるなど、現状ではJISとするのは適当ではないが、将来はJISとする可能性があるものとして公表する文書。標準仕様書(TS)は、公表までの手続きによって次のとおり細分されます。

標準仕様書(TS/タイプI)

法第11条又は第12条に基づき制定付議された産業標準案が、調査会審議の結果JIS制定に必要なコンセンサスが得られなかった場合において、標準仕様書として公表することが適当であると判断され、公表される文書。

標準仕様書(TS/タイプII)

法第3条第2項に基づき諮問され、技術的に開発途上にあるなど、現時点ではJIS制定が困難であるが、将来、JIS制定への可能性があるとして公表される文書。

なお、標準仕様書(TS)は、発行後3年以内に見直しを行い、JISとするか、更に3年延長するか、又は廃止します。延長は、原則として1回限りとします。

標準報告書(TR)とは

JISとは異なる種類の標準に関連する情報類(標準化関連情報、データ集など)として、これ自体はJISにはならないものの、標準化の推進に資するものとして公表される標準文書。 なお、標準報告書(TR)は、原則として発行後5年をもって廃止します。

提案について

標準仕様書(TS)/標準報告書(TR)の原案は、産業標準原案(JIS原案)の申出と同様に、民間団体等の利害関係人が自発的に作成し、主務大臣に提案することができます。
この欄では、標準仕様書(TS)/標準報告書(TR)の原案の提案に係る諸手続きについて記しています。
また、公表の迅速化の観点から、電子方式による提案を原則としています。

提案
手続き
電子方式による提案
TS/TRの公表等に
係る提案
 利害関係人は、「 TS/TRの公表等に係る提案書」、「TS/TR原案」等の提案に必要な書類をWebを介して経済産業省の電子計算機に入力し、主務大臣宛に提出してください。 主務大臣は、提案書類が到達後、それが必要要件を満たしていると認めたときそれを受理し、その旨提案人宛に電子メールにて通知します。
PDFファイルe-JISC操作ガイド  

MS-Word文書【統合版】TS/TRの公表等に係る提案書の様式及び原案作成委員に関する個人情報の保護について

TS/TR原案作成経過報告書の様式(原案作成までの経過を表す書類又は議事録に代替できます。)
Excelファイル公表・改正Excelファイル継続Excelファイル廃止

MS-Word文書TS/TR著作権確認書の様式

MS-Word文書TS/TR特許権等声明書の様式

(注意)
 TS/TRの公表・改正原案及び同TS/TRに係る著作権の扱いに関する確認書は、電子方式による提案と同期して、担当窓口に郵送するか、 直接提出してください。

JIS原案作成テンプレート
TS/TRの原案は、JISと同様に、JIS原案作成テンプレート(JIS Draft Template : JDT)を用いて作成してください。

JDT2017JDTのダウンロード

備考
 電子方式による提案を行う前には、産業標準原案(JIS原案)の申出と同様に、e-JISC事前登録をして提案の際に必要となる識別番号及び暗証番号を入手して ください。[(1) 1.申出に係る手続き参照]

お問い合わせ・担当窓口

経済産業省産業技術環境局産業標準調査室審査担当
東京都千代田区霞が関1-3-1
電話:03-3501-9222(直通)

▲このページの先頭へ
ホームへ戻る前のページへ戻る