[本文はここからです]

IECの概要

1.IECの概要

(1)沿革  

(2)目的  

(3)会員その他(2015.5現在 / IEC公表値)  


2.IECの組織

(1)総会(C:Council)

(2)評議会(CB : Council Board)

(3)執行委員会(ExCo : Executive Committee)

(4)運営諮問委員会(MAC : Management Advisory Committee

財務委員会(CDF : Finance Committee)

財務委員会は、財務監事に対する諮問委員会(Consultative Committee)として設置されている。

販売諮問グループ(SAG : Sales Advisory Group)

販売諮問グループ(SAG)は、評議会(CB)に助言を与える委員会であり、販売政策と出版戦略作成を支援する。評議会によって任命された議長とメンバーによって構成される。議長は自動的にマーケティング委員会のメンバーとなる。SAGのその他の責任としては、会員の販売活動や出版物普及活動を支援するサービスの向上やIEC著作権政策の企画がある。

(5)標準管理評議会(SMB : Standardization Management Board)

(6)適合性評価評議会(CAB : Conformity Assessment Board

CABの役割

CABの目的

IECスキームの究極の目的は、1回の試験、認証による、一つのマークによる世界的な受け入れである。この目的達成のために、次の事を行う。

IECの認証制度

(7)市場戦略評議会(MSB: Market Strategy Board)

(8)技術諮問委員会(Technical Advisory Committee)

(9)戦略グループ(SG : Strategic Group)

(10)システム評価グループ(SEG : System Evaluation Groups)

(11)システム委員会 (SyC : System Committee)

(12)専門委員会 (TC : Technical Committee)

設置

名称及び作業範囲

新TCの名称及び作業範囲は、合意が得られた後、事務総長より標準管理評議会(SMB)に提出し承認を求める。修正についても標準管理評議会(SMB)の承認を必要とする。

作業への参加

すべての国内委員会は、TCの業務に参加する権利と国際規格案投票の権利を有する。業務への参加地位には、業務に積極的に参加するPメンバーと、オブザーバーとして参加するOメンバーがあり、各国内委員会はいずれに属するかの意志表明を行う。

幹事国

TCの幹事国は、標準管理評議会 (SMB) により割り当てられる。

議長

TCの議長は、幹事国の推薦に基づいて標準管理評議会(SMB)が任命する。任期は6年で、3年の延長が理事会により認められる。

解散

TCの解散は、標準管理評議会(SMB)の勧告に従って、総会により決定される。

(13)分科委員会(SC : Sub-Committee)

設置

SCは、標準管理評議会(SMB)の承認のもとに、親TCにより設置される。SC設置の条件は、幹事国を引き受ける国内委員会があること、及び親TCのメンバーの内5つ以上のメンバーが積極的に参加を表明することである。親TCの幹事国はSCの設置を中央事務局に通知し、事務総長は標準管理評議会(SMB)の承認を得る。

名称及び作業範囲

SCの名称及び作業範囲は、親TCが決定する。

作業への参加

全てのNCは、SCの業務に参加する権利を有する。また、効率的な運営を行うため、TCと同様にPメンバー。Oメンバーの参加地位があり、各NCはいずれに属すかの意思表明を行い、中央事務局へ明示しなければならない。親TCのPメンバー及びOメンバーは、そのSCのメンバーになることができる。 (TCのOメンバーがSCのPメンバーになることもできる。)

幹事国

SCの幹事国は、親TCにより割り当てられる。

議長

SCの議長は、その幹事国の推薦に基づいて親TCが任命する。任期は6年で、3年の延長が標準管理評議会(SMB)により認められる。

解散

SCの解散は、標準管理評議会(SMB)の承認をことを条件に、親TCにより解散される。

(14)プロジェクト委員会(PC : Project Committee)

(15)テクニカルエリア(TA : Technical Area)

(16)作業グループ(WG: Working Group)

(17)プロジェクトチーム(PT: Project Team)

(18)メンテナンスチーム(MT: Maintenance Team)

(19)諮問グループ(Advisory Group)

(20)アドホックグループ(Ad hoc Group)

(21)編集委員会(Editing Committee)

詳細はこちら

IEC事業概要(IEC活動推進会議[APC]ウェブサイトへ)

[本文はここまでです。]

▲このページの先頭へ