[本文はここからです]

ISOの概要

 

1.ISOの概要

(1)沿革  

(2)目的  

(3)会員その他(2015年12月末現在)  

 


2.ISOの組織

(1)総会(General Assembly, GA)(外部サイトへリンク)

総会は、ISOの主要役員並びに会員団体が指名した派遣代表者からなる会合で、通信会員及び購読会員はオブザーバーとして出席することができる。 原則として総会は毎年1回開催される。その議事日程の中には、特にISO年次報告に関する活動、ISO長期戦略計画と財務事項、及び中央事務局に関する財務監事の年次財務状況報告が含まれている。

(2)理事会(Council)(外部サイトへリンク)

ISOの運営は、ISOの主要役員及び20の選ばれた会員団体からなる理事会によって決定される。 理事会は、財務監事、14名のTMBメンバー及び政策開発委員会の議長を指名する。理事会は、中央事務局の年間予算も決定する。 理事会メンバー20会員団体は 外部リンクを参照のこと。 理事会の議長は、会長がそれを選択する場合は会長が、そうでない場合は副会長(政策担当)が務める。


理事会常設委員会

理事会財政常設委員会(CSC/FIN) Council standing committee of finance

理事会戦略・政策常設委員会(CSC/SPC) Strategy and Policy Committee

政策開発委員会 Policy Development Committees

適合性評価委員会(CASCO: Committee on conformity assessment) (外部サイトへリンク)

CASCOは、会員団体はPメンバー又はOメンバーとして、また通信会員はOメンバーとして参加できる。最新の参加状況は外部リンクを参照のこと。

消費者政策委員会(COPOLCO: Committee on consumer policy) (外部サイトへリンク)

COPOLCOは、会員団体はPメンバー又はOメンバーとして、また通信会員はOメンバーとして参加できる。最新の参加状況は外部リンクを参照のこと。

発展途上国対策委員会(DEVCO: Committee on developing country matters) (外部サイトへリンク)

DEVCOは、会員団体はPメンバー又はOメンバーとして、通信会員はOメンバーとして参加できる。 最新の参加状況は外部リンクを参照のこと。

(3)技術管理評議会(TMB: Technical Management Board) (外部サイトへリンク)

理事会で指命された議長及び15名のメンバーで構成する。技術管理評議会の事務局は、中央事務局内に置く。

委任事項

現在のTMBメンバー15会員団体一覧(外部サイトへリンク)

(4)中央事務局(CS: Central Secretariat) (外部サイトへリンク)

スイスのジュネーブにある中央事務局では、国際規格の出版、販売はもちろん、各種委員会の決定事項など国際標準化活動にかかわる情報を会員に伝えている。中央事務局の主な仕事は次の通り。

役員 Principal officers(外部サイトへリンク)

 現在の役員は外部リンクを参照のこと。

会長(President)
会長は会員団体によって、総会又は郵便投票で選出される。任期は次期会長(President-elect)としての1年間と、それに引き続く会長としての2又は3年間で、継続して再任されない。会長は総会及び理事会において議長となる。もし、会長が辞任、死亡などで職務不能となった場合は、次期会長が職務を引継ぐ。
副会長(Vice-Presidents)
副会長(policy(政策担当)1名、finance(財政担当)1名及びtechnical management(技術管理担当)1名)は総会において指名される。政策担当副会長は、理事会戦略・政策常設委員会の議長を務め、ISOの基本政策に関する提案及び決定について会長及び理事会を補佐する。任期は2年。財政担当副会長は、理事会財政常設委員会の議長を務め、財政事項の助言を行う。任期は2年。また、技術管理担当副会長は、TMBの議長を務める。任期は2年。
財務監事(Treasurer)
財務監事は理事会において指名され、任期は3年。財務監事は、理事会に対してすべての財務事項について助言を与え、事務総長に対して年間予算の作成及び本組織の財務管理についても助言する。
事務総長(Secretary-General)
事務総長は、ISOの最高執行責任者(CEO)であり、 中央事務局の長である。事務総長は理事会において指名され、任期は5年とするが、理事会の意見に基づき2期務める資格を有する。事務総長はISOの すべての会合に出席し意見を述べることができるが、投票権は持っていない。

 (2016年3月更新)

ISOの組織図

ISO Structure and governance (外部サイトへリンク)
 

[本文はここまでです。]

▲このページの先頭へ