国際標準化について

国際標準(Global standard)とは、製品の品質、性能、安全性、寸法、試験方法などに関する国際的な取極めのことです。そもそも、国際標準は工業化社会が到来し製品が国境を超える交易の対象となって間もなく登場したもので、経済活動が国内交易で完結せず国際貿易に依存するようになったことの必然的結果です。

国際市場においても円滑に経済取引を行っていくには、相互理解、互換性の確保、消費者利益の確保などを図ることが重要であり、いずれが保証されなくても取引上大きな障害となります。また、新技術・製品の国際的普及のためにも、技術内容が国際的に理解できる形で共有されていることが重要であることから、国際標準化への取り組みは極めて重要です。

ISO/IECにおける国際標準化活動及び、JISCの取り組みについてご紹介致します。

ISO/IEC出版物の購入は、下記へお問い合わせ下さい。

 

ISO・IECが発行する規格・出版物の著作権について

ISO・IECが発行した国際規格及び出版物にはすべて著作権が存在します。

メンバー国における国家規格への採用、国内審議委員会での国際規格審議目的、及びISO・IEC中央事務局により特に認められた場合を除き、無断での複製、翻訳、転載・引用等は禁止されており、必ずISO・IEC事務総長の書面による事前許可が必要となります。また、特に“営利を目的とした商業活動・出版事業等”である場合には所定の著作権使用料等の支払契約締結が必要となります。

 

注意:ISOの名称(略称)及びロゴの使用制限について

国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称である“ISO(又はiso)”を、無断で組織等の名称、略称又は商標(又はその一部)若しくは当該組織等のインターネットのドメインネーム(又はその一部)として使用することを国際標準化機構は禁止しています。ISOのロゴについても同様です。詳細は、ISOのサイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ISOのホームページへリンク(外部サイトへリンク)

IECのホームページへリンク(外部サイトへリンク)

日本規格協会のホームページへリンク(外部サイトへリンク)

[本文はここまでです。]

▲このページの先頭へ