日本工業標準調査会:マネジメントシステム(ISO9001/14001/50001他)-ISO 9001について

[本文はここからです]

ISO 9001について

ISO 9001とは、組織が品質マネジメントシステム(QMS: Quality Management System)を確立し、文書化し、実施し、かつ、維持すること。また、その品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善するために要求される規格です。具体的には、品質マネジメントシステムの有効性を改善するため、プロセスアプローチを採用し、組織内において、プロセスを明確にし、その相互関係を把握し、運営管理することとあわせて、一連のプロセスをシステムとして適用します。

ISO 9001改訂版の発行

ISO 9001改訂版が、2015年9月にISO9001:2015として発行されました。

今回の改訂では、他のマネジメントシステム規格との整合性を取ることを容易にするために、ISOで規定されるマネジメントシステム規格に共通的に用いられる規格の構成を採用しています。これにより、組織が複数のマネジメントシステムを事業プロセスと一体的に運用することが容易となり、効率的かつ効果的なマネジメントを実施できるようになります。

ISO 9001改訂の主なポイント

 

JIS Q9001:2015改正版について

JIS Q9001は、これまでもISO9001に一致している規格として制定・改正してきました。今回、ISO9001:2015が改訂版として発行されたことに伴い、その一致規格であるJIS Q9001:2015として改正いたしました。このJIS Q9001:2015は、これまで用いられてきたJIS Q9001:2008からの改正となりますが、改正のポイントは、上述と同一の内容となります。

 

ISO 9001認証の移行について(ISO9001:2008認証取得者の皆様へ)

適合性評価を認定する機関の国際組織である国際認定フォーラム(IAF)において、ISO9001認証の移行は、ISO9001:2015発行より3年と決められています。現在、ISO9001:2008の認証を取得され、今後も継続して認証取得をお考えの皆様におかれましては、皆様が現在構築し実施している品質マネジメントシステムと今回発行されましたISO9001:2015によって構築する品質マネジメントシステムとの差分を分析していただき、計画的にISO9001:2015への移行を進めていただけますよう期待いたします。

[本文はここまでです。]>

▲このページの先頭へ